バロンズが考える最も重要な項目の一つ、それが仮縫いです。
長年の経験と技術が物をいう、至高のスーツを仕立て上げるための大切な工程です。

仮縫いとは、スーツを縫製する途中段階で寸法やシワ、お客様の好みを確認する作業を言います。
そしてその作業は以下の3つの工程に集約され、お客様の意見を取り入れながら慎重に調整していきます。

1. 寸法の確認

寸法の確認

まずは仮留め状態のスーツをお客様に着用いただき、お好みの釦位置や袖
の長さを確認させていただきます。

2. 姿勢、クセの確認

姿勢・クセの確認

本人は気づかなくとも、人にはそれぞれ異なった姿勢やクセがあり、スーツの場合、それはシワや気にくさに繋がってしまいます。
この工程では、その姿勢やクセを仮縫い状態のスーツから読み取り、解消していきます。

3. 体型の確認

体型の確認

袖を外してアームホールの具合を確認したり、上衿を外してちゃんと首に沿っているかなど、各パーツをバラバラに外してお客様の体型に合った形にしていきます。

以上3つの工程を経て、スーツはほぼ出来上がった状態に仕立て上げられます。
着心地というオーダーメイドスーツの最も基本といえる要素に深く関わる工程だからこそ、私たちは仮縫いを最も重要な項目の一つとして捉え、お客様に真の完成度をお届けしています。

ハンドメイドスーツ

Page Top